インプラント治療の成功

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
ですから、見た目を考えればブリッジよりインプラントの方が優位に立ちます。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費が高額になることは問題点です。
普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の負担が重くのしかかる方もずいぶん見受けます。
しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名称で信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることはできるケースが増えました。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。
健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。
普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。
現状では最低線が十数万円、難しいケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを肝に銘じておかなければなりません。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるといわれています。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようここはぐっと我慢してください。
もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
大至急歯科医にかかってください。
喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は決して看過できるものではありません。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療の一大関門となります。
周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が例外なく阻害する働きをします。
インプラント治療の成功を願うなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙を決意してください。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることはまずありません。
見た目からしても、自分の歯のように義歯に見えない自然さでインプラントだとカミングアウトしなければいかにも義歯だと思われることはほとんどありません。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはおすすめしたい治療法です。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、入院する必要はまずありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
腸骨など自家骨の移植手術であれば入院することや、複数の病院で手術することもあります。
これらのどこかに当てはまる方は長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食事の際にグラグラと動いてしまうなどの事例もあります。
これは担当歯科医の技量の低さに起因することが多いといえます。
インプラント手術の経験と実績のある歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。
人工歯としてのインプラントはしっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。
上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>ホワイトニング専用の歯磨き粉を用意