失敗をゼロにすることはできません

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという審美的な問題が起こることもあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はともかく慎重に決めてください。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
抜歯した場合の選択は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。
初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
インプラントは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。
いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、海外で治療を受けることも考えるべきです。
インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。
一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、できる限りの情報を手に入れることをがんばってみましょう。
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費が高額になることは問題点です。
インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うありふれたケースのインプラント治療も院内感染の可能性は否定できません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。
感染症対策について、具体的な取り組みをきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、あれば必ず見ておきましょう。
どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるので症例数が多ければ多いほど良く、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
それにとどまらず、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院することはめったにありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院して手術するケースも実際にあります。
もし、自分が該当すると思われるなら長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
インプラント治療も医療行為ですが、保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に治療費を収入から引くことができます。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書は必ず要求されるのでなくしたらおしまいのものとして保管しておくことをすすめます。
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。
もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費には大きな開きがあります。
治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。
いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。
費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
PRサイト:歯がタバコのヤニで黄ばみがある